業務システム開発・オーダーメイドシステム開発・WEBシステム開発なら朝吉システムズにお任せください!

システム開発(大阪)朝吉システムズ

システム開発に関するお問い合せ・ご相談
わからないことも悩む前にお気軽にご相談下さい。
無料相談
事務所案内
リンク
サイトマップ
訪問サポートエリア
大阪市内
大阪府北部
箕面・池田・茨木・高槻・枚方・豊中・吹田・摂津・寝屋川・交野・守口・門真・四條畷
大阪府中部
大東・東大阪・八尾・藤井寺・柏原
大阪府南部
堺・高石・泉大津・和泉・岸和田・貝塚・泉佐野・泉南・阪南
大阪府東部
松原・富田林・河内長野・羽曳野・大阪狭山
奈良県 奈良・生駒他
兵庫県 神戸他

朝吉システムズTOP › ブログ › 第9回カンデジ「マネジメント研修12/8」

ブログ

ブログ

関西デジタルコンテンツ事業協同組合「マネジメントゲーム研修」に参加しました。
通常は2日に分けて行う研修を1日にギュッと詰め込んでいるそうでハイペースでした。

「ゲームで学ぶ」と謳っている通り、自分が製造工場の経営者になって材料の仕入れ~製造~販売を通して資金繰り、会計を学びます。

ゲーム自体は5~6人で行い順番にカードをめくってカードに記載されているアクションを1つだけ実行することが出来、そのアクションで材料仕入れや製造、販売などを実行します。

アクション毎に現金出納帳兼仕訳帳に記載し、あとでマトリックス会計表を作成します。
こうすることで貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、資金繰表(C/S)が出来あがります。
言い替えるとマトリックス会計表はB/S、P/L、C/Sを合体させたものです。

初めての参加だったので1ゲーム目(1期目)は何が何だか良くわからず、2期目も自分のアクションの記帳を終える前に次の順番が来るなど、とても皆さんのスピードにはついていけませんでした。
3期目は売上目標を立てて、目標を実現しようとするのですがやはり記帳が追い付かずという塩梅でゲーム盤(市場)を読み取ることも難しい状況でした。

決算書の数字が単なる数字ではなく、事業を反映していることを再認識することが出来ました。

事業と決算が今までよりも近しいものと感じられるという成果はありましたがゲームにおいては悔しい思いだけが残ったので次回はせめて悔いの残らぬ結果を出せるようにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ページの先頭へ戻る