業務システム開発・オーダーメイドシステム開発・WEBシステム開発なら朝吉システムズにお任せください!

システム開発(大阪)朝吉システムズ

システム開発に関するお問い合せ・ご相談
わからないことも悩む前にお気軽にご相談下さい。
無料相談
事務所案内
リンク
サイトマップ
訪問サポートエリア
大阪市内
大阪府北部
箕面・池田・茨木・高槻・枚方・豊中・吹田・摂津・寝屋川・交野・守口・門真・四條畷
大阪府中部
大東・東大阪・八尾・藤井寺・柏原
大阪府南部
堺・高石・泉大津・和泉・岸和田・貝塚・泉佐野・泉南・阪南
大阪府東部
松原・富田林・河内長野・羽曳野・大阪狭山
奈良県 奈良・生駒他
兵庫県 神戸他

朝吉システムズTOP › 業務システム › システム開発の経験と知識の棚卸-使いやすい業務システム

業務システム

業務システム

書くことで新たな気付きを得ることもあるそうなので、それに倣ってかれこれ二十数年システム開発に携わり、経験してきたこと学んだことを何回かに分けて棚卸してみようと思います。

引き合いを頂くお客様は使いやすい業務システムを求めておられますが、「使いやすい業務システム」とはどういうものなのでしょう?

「A3紙をA4の大きさに2等分する」場合を例に考えてみますと
A.ハサミを使う。
B.カッターを使う。
C.強く折り目を付けて手で千切る。
など幾つもの方法が考えられます。

ハサミが使いやすいという人もいるでしょうし、カッターの方が使いやすいという人もいるでしょう。

使いやすさを考える時には「誰にとって」の使いやすさなのか、対象を明らかにする必要があるのです。

【使いやすさは人によって異なる】

業務システムにおいて在庫を確認する場面を例に取ると
A.見積担当者が行う在庫確認
B.仕入担当者が行う在庫確認
では必要とする情報が異なります。

仕入担当者は在庫の有無だけでなく、在庫数と常備在庫数を知る必要があり、納品予定数、納品予定日、ロット数など常備在庫を維持するための情報も必要となります。

一方、見積担当者は必要数分の在庫があるかどうか、欠品している場合はいつ必要数分が確保できるのか、が分かれば良くそれ以上の情報は必要ありません。

このことから在庫確認には2つの画面を用意するか、あるいは1つの画面に2つのビューを用意する必要があるだろうと考えられます。

また「使いやすさ」には程度があります。
どの程度の使いやすさが実現出来れば良いのか、目指す効果についても予め決めておく必要があります。

まとめ:使いやすいシステムとはどのようなものか?
(1)誰にとっての使いやすさ?
(2)目指す効果はどのようなもの?
(3)効果測定の方法は?
(4)現在の測定値は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ページの先頭へ戻る