業務システム開発・オーダーメイドシステム開発・WEBシステム開発なら朝吉システムズにお任せください!

システム開発(大阪)朝吉システムズ

システム開発に関するお問い合せ・ご相談
わからないことも悩む前にお気軽にご相談下さい。
無料相談
事務所案内
リンク
サイトマップ
訪問サポートエリア
大阪市内
大阪府北部
箕面・池田・茨木・高槻・枚方・豊中・吹田・摂津・寝屋川・交野・守口・門真・四條畷
大阪府中部
大東・東大阪・八尾・藤井寺・柏原
大阪府南部
堺・高石・泉大津・和泉・岸和田・貝塚・泉佐野・泉南・阪南
大阪府東部
松原・富田林・河内長野・羽曳野・大阪狭山
奈良県 奈良・生駒他
兵庫県 神戸他

朝吉システムズTOP › ブログ › あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」と新しく生まれる仕事

ブログ

ブログ

脳の働きの研究が進むにつれ”記憶を操ることが出来る”可能性を示す研究結果が発表される機会が増えてきました。
このニュースに出会って思い出したのが”あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」”でした。

数年前から耳にするようになり、その度に”なくなる仕事”もあれば”生まれる仕事”もあるだろうと思っていましたが、
ではどんな仕事が生まれるのだろうかと考えた時にさっぱりイメージが湧かず思考停止していました。

例えば、幼児期の虐待の記憶がある子供は成長してからも、その記憶に苦しめられ続け、再体験することで更にその記憶が強固になり、という悪循環を引き起こすと言われていますが、虐待の記憶を消してどこにでもある普通の記憶に書き換えることが出来たら、幾らかでも苦しみから解放されるのではないかと思います。

で、問題になるのが”どこにでもある普通の記憶”とはどういうものか?という点です。

不自然な記憶じゃダメで、誰もが同じ記憶を持っている訳でもなく、個人的な記憶でありながらありふれているそんな記憶。
これは一人一人に合わせて固有の記憶をデザインする必要があるんじゃないか、と思う訳です。

“記憶デザイナー” あるいは “記憶設計者” というような仕事が生まれるかもしれない、と夢想しています。

参考:
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40925?page=4

記憶のミステリー ~最新脳科学が解き明かす記憶の正体~|サイエンスZERO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ページの先頭へ戻る